NO IMAGE

【CI/CD】つぶやきAppVeyor

NO IMAGE

初耳だったよAppVeyor

AppVeyorはCircleCIやTravis CIのような、GitHub等と連携して使うCI/CDツールです。appveyor.ymlがビルド設定のためのファイルとなります。

appveyor.ymlの例

version: "{build}"
skip_tags: true
clone_folder: c:\gopath\src\github.com\hoge\fugafuga
clone_depth: 1

environment:
  GO111MODULE: on
  GOPROXY: https://proxy.golang.org

build: false
deploy: false

install:
  - go version
  - go env
  - go build -tags "minwinsvc" -v

test_script:
  - go test -v -race -cover ./...

notifications:
  - provider: Email
    to:
      - dev@hogehoge.org
    on_build_success: false

公式リファレンス:appveyor.yml reference

利用方法

  1. AppVeyorへアクセスし、GitHub等のアカウントでログイン
  2. [+] NEW PROJECTをクリックして、AppVeyorが導入されたgithub appを追加する
  3. NEW BUILDをクリックすると自動テストが実行される

以前は「AppVeyorだとビルド環境にWindowsが使える!」ということがアピールポイントだったようですが、今ではGitHub ActionsでもWindowsを使えるようになっていることと、基本的にジョブを並列実行できないことから、利用される場面はかなり限定されているようです。GitHub ActionでもWindows利用可&最大20ジョブ同時実行可能!となれば、そりゃあそちらを使いますよね。

参考リンク