【Go】ファイルの存在有無を判定して処理内容を切り替える

Categories:Go

Go言語でファイルやディレクトリが存在するかどうか判定し、処理を分岐させる方法です。組み込みのosパッケージを利用します。

サンプルコード

package main
import (
    "fmt"
    "os"
)

func main(){
    _, err := os.Stat("test.txt")
    
    if err == nil {
        fmt.Println("あります")
    } else {
        fmt.Println("ないです")
    }
}

os.Statのあと!os.IsNotExist(err)を使って判定するやり方もあるようなのですが、《存在するファイルのあとに / でファイル名を続けると、ファイルがないのに true が返って》くるようなので、参考記事に基づきここでは err == nil によって条件分岐を行っています。

参考

プログラミング言語Go【電子書籍】[ アラン・ドノバン ]

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。